取り組み WORK STYLE

働きやすい環境作り

ゴールドフラッグは人と向き合い、人とのつながりを大切にする会社です。
そこで働く社員も心身ともにハッピーでいてほしい。
そのために我が社では皆が働きやすい環境づくりを目指しています。

有給取得率の向上

当社では有給を取りやすい環境を作っております。
取得率100%の社員も少なくありません。
また、女性が働きやすいように5分単位での取得も可能で、通院や育児にも役立ててもらっています。
店舗ではシフト制である事から以前は有給が取得しにくかったのですが、
1店舗当たりの人数を増やす事により、有給を皆1ヶ月に1度くらい取れるようなシフト組みが可能になりました。

41%

0%

残業時間の軽減

残業は1分単位でカウントされます。みなし残業は行いません。
特に店舗ではお客様対応という事もあり、効率化だけでは削減できないところもあります。

そのために、人数を増やし、またシフトを細かく設定することで、
全体として早く仕事を終えられるように改善しています。

本社
平均残業時間

8

時間/月

店舗
平均残業時間

10

時間/月

女性の活躍推進

ゴールドフラッグでは性別に関係なく高い志を持ち、
意欲的に能力を磨く人材、良いパフォーマンスのできる人材を評価しています。

これからも誰もが手を挙げ、ポジティブに取り組める環境を作っていきます。

部長

0%

次長

0%

課長

0%

研修制度 TRAINING SYSTEM

アパレルの中でもインナーという商品は特殊です。
ボディーフィッターという仕事に関してよくわからない、という方も多く入社されます。
特に当社では専門知識と技術、カウンセリング力を重視し、他企業との差別化を図っています。
入社後はみっちり研修をいたしますので、下着についての
知識が全くなくても安心して入社し働いていただくことができます。

年度別の研修

入社後3ヶ月ほど

新卒

  • 接待、マナー
  • 電話の取り方など
  • 接客対応
  • 社会人の心得

新卒中途

  • ブラデリスを学ぶ
  • 下着の専門知識
  • フィッティング技術(店舗)
  • 縫製

入社後1〜2年

店舗

  • 現場での実地研修(後輩スタッフとペアを組んで研修)
  • フォローアップ研修
  • 資格テスト前研修

技術資格テスト

入社後3年以降

店舗

  • 年次研修(毎年あります)
  • サブ研修
  • 三番手研修
  • 店長研修

スキルアップ研修

部署ごとに社員のスキルを合わせて、OFF-JT研修を行います。
(例)
・マネージメント研修、リーダーシップ研修、専門知識講習など

新入社員研修

入社

入社時の研修は本社のある大阪で行います。1,2週間ほどを新入社員全員での参加です。社会人としてのビジネスマナー講習から始まり、「BRADELIS New York」のこと、当社の補整下着の知識、フィッティング技術やお直しの基礎を学びます。
元アナウンサーによるマナーと発声練習、百貨店による接遇接客講習などの外部講習も受けます。

新入社員研修

ボディーフィッター研修

1〜3ヶ月

本社研修が終わると、今度は関東チーム、関西チームに分かれて座学と実店舗での研修が2ヶ月半スタートします。一人前のフィッターとしてお客様の前に立てるように、トレーナーからも先輩フィッターからも時には厳しく指導が。いきなり接客やフィッティングに入ることはありません。
予約受けやアシスタントなどできることから少しずつ。
3ヶ月目にはテストがあります。(座学・フィッティング技術・お直し)研修で学んだ基礎が身に着いたかの確認です。合格できずに補習を受ける方人が毎年います。

ボディフィッター研修2

1年目

テストに合格してもまだ一人前にはなりません。まだ先輩がつき、商品の特徴、お客様への勧め方、フィッティングポイントなど根気よく教えてくれます。お客様へのフィッティングも必ず先輩のチェックが入ります。
1年目を迎えるころに本格的な技術テストを受けます。接客ロールプレイングを通してのフィッティング技術と座学で、これに合格するとやっと一人立ちです。

ボディフィッター研修1年以降

1年以降

以降も技術の再確認やレベルアップの研修があります。そして2年目以降にはまた次のレベルの技術テストを受けます。この技術ランクはお給料にも反映され、また店長になっても続くため、フィッターの目標のひとつとなっています。
その後は技術だけではなく、少しずつリーダーシップやマネジメントの勉強などスキルアップのための研修も加わります。
この研修には外部の講師をお招きして行われます。

本社採用の研修

本社採用でももちろん新入社員とおなじように、
ゴールドフラッグや下着の知識についての研修があります。

商品企画部やEC事業部など商品に深く関わる部署ではフィッティングの研修も行います。
その後は部署別に専門知識を取り入れるため、OFF-JTや講師を招いての研修が行われます。

(例)
マネジメント研修コーチング研修ビジネス法務繊維専門勉強会など

キャリアアップ CAREER UP

HEAD OFFICE本社

当社では総合 や事務 といった区部はありません。また派遣社員や事務のパート、タイマー社員もありません。
それぞれがプロとして、専門性を磨き特化しています。

しかしながら「こんな事をしてみたい」「この部署でトライしてみたい」と言える文化があります。
年に2回社長と面談する機会があり、その際に手を挙げる事が可能です。もちろん手を挙げるには、前もった勉強や努力、納得できる理由やキャリアパスへの思いは必要です。

STORE店舗

店舗においては、ボディフィッターとして知識を身につけ経験を積むことから始まります。毎年のように技術テストがあり、それをクリアしある程度のレベルまでに到達したら今後のキャリアについて管理部門との面談を行っていきます。

自薦、他薦、適性などにより、今後の方向性を導き出していき、その後はボディフィッター技術を磨きながら、新たな目標に向かっての専門的な勉強も受けていきます。

その中でさらに適性や本人の希望も交えながら試験をクリアしたものがその職種へと昇格します。また中には本社勤務になるボディフィッターもいます。(社長秘書やディスプレイデザイン担当などが実績としてあります。)

育児・介護への支援 CARE SUPPORT

出産や育児に入る女性社員に対して会社では
産前産後休業・育児休業制度を、ご家族に介護が必要な場合は介護休業制度を設けています。

知っているようでも、自分自身に関わるまではなかなか詳しくはわからないものです。法定に順じた休暇の取得日数、期間中の所得補償なども、労務担当が詳しく説明し、安心して休業に入っていただきます。また休業に入る前にもケアを心がけ、チーム皆で助け合います。産前でつわりがひどい、などの場合は傷病手当金の申請をし、少しの間お休みしてもらったこともあります。

社長も女性で会社を経営しながら双子を育て上げています。ゴールドフラッグでは「赤ちゃんができました!」という報告に全員が素直に「おめでとう!」と祝福。当然、産休育休を取得し、復職していただいています。

育休後も仕事との両立に無理の無いように、時短ワーク制度も設けています。
第1子を無事出産し、育休取得後に復職、そして現在第2子の産休に入っているスタッフもおります。
子育てをしながらの時短ワークでの復職でしたが、お子様の具合が悪くなりお休みすることも。でもそれでも頑張ってほしい、とお互いに思いやりをもって働ける空気があるからこそです。

産休育休
取得実績

10

介護休業
取得実績

2

産休・育休制度を
活用している先輩たち
INTERVIEW

主な支援制度

産前産後休暇
法令通り、産前6週間(多胎の場合14週間)産後8週間です。「出産育児一時金」「出産手当金」が支給されます。
育児休業
法令通り、最長お子さまが2歳に達する日まで取得が可能です。「育児休業給付金」が支給されます。
育児時短勤務制度
法令通り、お子さまが3歳に達する日まで所定労働時間を短縮することが可能です。現在復職された方は全員この制度を活用しています。
介護休業
要介護状態の家族がいる場合に、最大93日まで取得できます。「介護休業給付金」が支給されます。
子の看護休暇
小学生未満の子どもがいる場合、看護休暇を1日または半日単位で取得できます(無給)。
※子どもの人数により1年に5~10日取得可能。

PAGETOP

RECRUITTOP